ただいまHP作成中です

10月12日 抗えないもの

最近「抗えない」という言葉を覚えた。抗えない…逆らえない、抵抗できない、の意味だ。

 

世の中にはどうしても自分の意思に反して起こってしまうもの、抗えないものがたくさんある。例えば潮の満ち引きだったり地球の自転、月の満ち欠けなど、地球レベルの動きには個人が立ち向かったとしても思い通りにすることはまず不可能だろう。

 

私の職場は地上20階のフロアにある。眺望を売りにしているせいもあってか、オフィス内の四方がガラス張りになっており、うんと晴れた日には海まで見えてしまう。

 

私はこのオフィスからの眺望をとても気に入っている。

この職場で働くようになってから一つ気付いたことは「私の元気は天気(低気圧)に左右されることがある」ということ。

 

晴れの日は青空のようにクリアで透き通り、とても軽い心になれる一方で天気が悪いとやはり心にも雲がかかってしまい、フットワークも重くため息も増えてしまう。低気圧が通る時なんかはお腹が張ったり、食欲があまり湧かないこともある。

 

ただの疲れかな?とか食べ過ぎかな?と対処療法でやり過ごしてみたものの、やはり天気とは無関係ではいられない、天気には抗えないようだ。

 

天気によって体調が変化するというこの現象、半年前には全く自覚出来なかった。常に疲弊しており感覚が鈍ってしまっていたのだろう。

 

天気によって気分が左右されてしまうと、天気予報に雨マークがついているのを見ただけで憂鬱になってしまう時もある。しかし抗えないものはしょうがない。かたつむりになったつもりでその時のベストを尽くす。また、変に落ち込んだとしても「天気のせい」と言えることで無理やり自分を鼓舞させなくても良いところには救われている。

 

自分を知っていたようで、全然知らなかった。身体は感じ取っていたのにそれに気付いてあげることが出来なかった。

 

抗わずに受け入れる。季節の変わり目は特に。

Follow me!