10月2日 旅についての設定を考える

今日は仕事が終わったあと、ずっと旅行の準備をしていました。国内旅行なら気軽にホイホイ行けるのに、どうして海外となると民族の大移動のように荷物が多くなってしまうのだろうか。

 

旅行の準備をしていて、私は旅に対して「旅行=疲れるもの」という設定があるということに気付きました。「あー、帰って来てから仕事行くのダルいな…」「旅行終わりは1週間くらいゴロゴロしたい…」「はぁ…(鬱)」となっていたんです。

 

どうして?私は疲れる為に旅行に行くの?違うよね、楽しみたいから旅行に行くんだ。なのにどうして「旅行=リフレッシュ」って考えることが出来ないんだろう…。と一人でグルグル。

 

そこで、私は旅行の何が原因で疲れるのかについて考えてみた。そこで出て来たポイントは「移動・慣れないベッド・慣れない言語・初めての人と行く旅行」

 

本当にそのポイントたちは疲れる原因と成りうるのか、検証してみた。

 

・移動→手漕ぎで行くより超楽なはず。隣の人と席が近いのが嫌。休めない。でも今回はALLビジネスだから普段よりは休めるし、なによりリッチな気持ちになれる!!人生初ビジネス楽しみ!!
・慣れないベッド→疲れればどこでも自然と寝れるはず。異国の夜を楽しむのも楽しいかも!!
・慣れない言語→無意識に言語を理解しようと疲れる。(←ここが一番大きいと思われる)BGMだと思おう。
・初めての人と行く→友達が増えるから楽しい!!初めて会った人と一生の思い出が出来るなんて楽しすぎるでしょ!!

 

その中でも気になったポイントは「慣れない言語→無意識に言語を理解しようと疲れる」と思っていること。これも結局、「日本人だからってバカにされないようにしよう!」と気を張っているからなんだよね。もしかしたら相手の人は親切にしようとしてくれているかもしれないのに、言語がわからない故に非常にビビっている。ビビってガードを固く固くしているんだ、無意識に。

 

など、いろいろ思いを巡らせ、私が新たに考えた旅の定義とは…「旅とはあるがままを受け入れること」。

そもそも、旅に行こう!と決めたのも神様からの何かの導きだとしたら、神様は「普段頑張っているから綺麗な景色でも見てリフレッシュして来なよ」って言ってくれているはず。それをまずはちゃんと受け止める。その上で旅での出来事は神様からのギフトだと思うことにする。

 

神様からのギフト、それは素敵な出会いかもしれないし、もしかしたら苦い思い出かもしれない。でも全部私にとっては必要だから起きていることなんだと思うことにしよう。

 

前に私の好きな人が「神様はどんな形であれギフトを与えている。それはもしかしたら自分が望んでいる形じゃないかもしれない。それでもちゃんと受け取ること」って言っていて、その言葉がすごく腑に落ちた。神様からのギフトを先回りしてブロックしたら、そりゃ旅は疲れるものになっちゃうよね。

 

今回は「あるがままを受け入れる旅」にしようと思います。設定変更が終わったらもっと旅が待ち遠しくなりました♪

 

設定変更、大事ですね!

Follow me!