9月27日 高いもの=無駄・贅沢?

先月横浜に行く為に施したペディキュアが伸びてきて、ヒールを履くとつま先が靴に当たってしまって痛い。非常に痛い。

 

と、いう事でホットペッパービューティーでいつもお願いしているネイルサロンを見てみるも連日予約不可とのこと。でも私の足は限界。近日中と言うか今すぐにでもオフしたい辛い状態。

 

これはもう明日の朝一で行けるネイルサロンを…と再検索。すると、普段お願いしているネイルサロンより3,000円くらい高い。うぅ…、出費が痛い、と思いつつ痛みには変えられないから予約をした。

 

「たかがネイルオフなんだけどな…」と思いながらサロンへ行くが、素晴らしいサロンだった。

 

・受付と施術場所がきちんとセパレートしている。
・完全個室
・店員さんの無駄話がない(うるさくない)
・ソファーがゆったりしている
・ソファーがリクライニング
・フットバス付き

などなど…。

 

オフのみにするつもりが気持ちが良くなって、ワンカラーのフットネイルをお願いした。ワンカラーだけど、すごく綺麗に仕上がって非常に満足している。たかがワンカラー、そんなに値段取る?と最初思ったものの、値段以上の仕上がりと満足感、そして優雅な時間だった。

ネイルの時間って美容院と異なって手が使えなかったりと不自由で、出来ればあまり長く過ごしたくない時間。だと思っていた。このサロンに来るまでは。

 

本来ネイルサロンって綺麗になる為の場所でワクワクする場所なはず。それを「面倒」とか「退屈」「我慢するもの」って思ってしまっていた自分に気付く。

 

あぁ、また額面のみで考えてしまっていた…。お金とは「自分が気持ちよくなるもの」という考えがあるにも関わらず、安い方がお得♪と考えてしまう。私の改善したい思考の一つだ。

Follow me!