【書評UP】東野圭吾 著『十字屋敷のピエロ』

こんにちわ、さっちーです。

本日新たに更新した書評のご案内です。

わたしの本棚、『わたほん』に 東野圭吾 さんの『十字屋敷のピエロ』をUPしました。

今回は日本を代表するミステリー作家、東野圭吾さんの1冊を取り上げています。

東野圭吾さんの作品はドラマや映画など、映像化されているものも多くあるので、「書籍では見たことがない」という人も、映画やドラマで見たことが一度はあるのではないでしょうか?

***

『十字屋敷のピエロ』はある屋敷とその一家にまつわるお話です。物語の鍵を握るのはその持ち主には必ず悲劇が訪れるという「悲劇のピエロ」。

この十字屋敷で起きている災いは、やはり悲劇のピエロの仕業なのか…。

ラスト5ページの展開、「さすが東野圭吾!」と思わず唸ってしまう衝撃の結末となっています。

ハラハラ・ドキドキの東野圭吾ミステリー、ぜひご堪能ください♪

Follow me!