【書評UP】加藤千恵 著『こぼれ落ちて季節は』

こんにちは、さっちーです。

本日新たにUPされた書評のご案内です。

わたしの本棚に加藤千恵さんの『こぼれ落ちて季節は』をUPしました。

↓画像をクリックで書評に飛びます↓

パッと目に止まる素敵な表紙。

「加藤千恵さんの本、目にはするけどじっくりと読んだこと無かったな」と手に取ることにしました。

 

1つのタイトルに対して2人の目線からそれぞれが主人公となったストーリーが語られていきます。

それぞれの話が、後のストーリーに繋がる連作短編集となっており、物語が進むにつれて少しずつ登場人物が重なりあっていく。

この本ではそれぞれのチャプターの主人公の淡い恋模様が描かれています。

 

「あぁ、こんな気持ち、なったことあるなぁ…。」とちょっと遠い目をしながら本を読んでいました。

 

あなたの記憶の中にある素敵な恋愛を思い出しながら読んでみて下さいね♡

Follow me!